貸す?売る?空き家になった実家はどうする? | 不動産売却査定は朝日土地建物 | 一戸建て・マンション・土地

貸す?売る?空き家になった実家はどうする?

不動産の相続 , , , ,

近年、「空き家となってしまった実家」が社会問題に……

子が社会人となり、親とは別に住居を構えているというパターンはよくある話です。
両親が元気なうちはいいのですが、不意の怪我や病気による入院、介護施設への入居、あるいは亡くなってしまった後など、親が実家に住まなくなった時はどうすればいいのでしょうか?

「親と同居できない」「親が亡くなった」など、実家に住まない場合には「売却」という選択肢を選ばなければならないこともあります。しかし、実家は親にとっても子にとっても思い出の場所です。ためらう人も多いでしょう。

また「距離の問題で頻繁に帰ることができない」といった理由で、空き家となってしまう実家が増えています。

このような場合、実際にどのような方法があるのでしょうか?
もちろん個々の状況にもよりますが、ここでは「売却する場合」と「貸す場合」について解説していきます。

売却する場合

売却する場合のメリット

不動産という固定資産を現金化できる

売却の最大のメリットは「不動産という固定資産を現金化する」ということです。
空き家のままにしてしまうと、固定資産税や管理・維持費用などを支払わなければなりません。

両親が元気なうちに売却して現金や銀行預金にしておけば、財産分与時にも1円単位まで分けることができます。
もめることの多い不動産相続よりも、現金化してしまった方が無用なトラブルを避けられるでしょう。

売却の資金で住み替えができる

売却の資金を元に、両親が子供の家の近くや立地が良い都市部のマンションに住み替えることもできます。

築年数の深い家ではバリアフリーが徹底されておらず、ちょっとした段差など思わぬ危険が潜んでいます。
夫婦二人で住むには部屋数が多く、掃除や手入れなど維持管理に手間もかかるでしょう。

思い入れのある家ですから、手放すことにはためらいや反対があるかもしれません。
しかし、両親の老後の暮らしやすさも視野に入れて考えることも大切です。

売却する場合のデメリット

なかなか買い手がつかない可能性がある

売りに出してもすぐに買い手がつくものではありません。
主要都市や利便性の高い立地であればよいのですが、条件によってはなかなか買い手がつかない・売却価格が思った以上に安くなってしまうことも。

確認することが多い

実家に対する思い入れの違いにより兄弟・親戚間で対立してしまったり、売却によって得たお金の分配でもめることもあります。
土地や建物の権利関係について息子たちが知らなかったり、相続が続くうちに登記や隣地境界線が曖昧になっていたりする場合もあります。

両親が亡くなって情報が得られなくなってしまった後では、状況の確認だけで時間がとられてしまいます。
そうならないためにも登記を取り寄せ、両親と一緒に土地と建物の権利関係を確認しておく必要があります。

貸す場合

貸す場合のメリット

定期的な家賃収入を得られる

貸家というのはファミリー層に人気があります。

・ 戸建てに住みたいけれど、ローン返済に追われたくない
・ ペットの飼える家に住みたい
・ 子供の成長によって住む地域を変えたい

など、理由は様々でしょう。

ファミリー層であれば借り続けてくれる期間が長く、家賃滞納のリスクも低いです。
比較的安定した収入を確保できるでしょう。

土地や建物を所有し続けることができる

賃貸するのであれば、土地や建物を財産として所有し続けることができます。

家賃収入でお金を貯め、リタイア後に思い入れのある土地で老後を過ごすというのも選択肢の一つです。
将来的にその土地の価格が上昇するのであれば、手放さないメリットはぐんと高くなります。

貸家のままで相続すれば、不動産の評価額が低くなり相続税を抑えられるという利点もあります。

そのほかに、一般社団法人『移住・住みかえ支援機構』の『マイホーム借上げ制度』というものもあります。
50歳以上のシニアを対象にマイホームを最長で終身にわたって借上げ、賃貸住宅として転貸(又貸し)し、安定した賃料収入を保証するものです。

貸す場合のデメリット

リフォーム費用が必要になる

家の状態にもよりますが、多くの場合は建物が劣化しているためリフォームが必要になってきます。一概に費用がいくら掛かるとは言えませんが、100万円を超えるケースが多いです。
そのためリフォーム費用などの初期投資を回収するだけでも時間がかかってしまいます。

いざという時に売却できない可能性がある

急にお金が入り用となり、売却しようと思っても借りている人がいてはそれも叶いません。
売却する場合でのデメリットと似たケースではありますが、兄弟や親戚間で、家賃収入の分配についてもめてしまうこともあります。

人が住まなくなった家というのは荒れやすく劣化が進みます。
不法投棄や放火、不法侵入、不法滞在を招きやすく、所有者だけでなく近隣にも被害がおよぶことも……。
問題に直面してから対処するよりも、あらかじめ取り決めをしておいた方が選択肢も多く、冷静な判断ができます。
気持ちの重くなる問題ですが、将来の負担を減らすためにも今のうちから準備をしておくことをおすすめします。