不動産を高く売る3つのコツって? | 不動産売却査定は朝日土地建物 | 一戸建て・マンション・土地

不動産を高く売る3つのコツって?

知っておきたい!できるだけ不動産を高く売る3つのコツって?

はじめに

「家を売るにあたって、なにから始めたらいいのか?」「できるだけ高く売りたいけれど、具体的な方法がわからない……」

相続や転勤、住み替えなど、不動産を売る理由は人それぞれですが、多くの人が同じ不安をかかえていると思います。不動産の購入と同じく、一生のうちで数回あるかどうかの大きな出来事です。できるかぎり満足のいく結果にしたいですよね。

そこで今回は、押さえておくだけで誰でも不動産を高く売ることができるコツをご紹介します。

もくじ

1.不動産を高く売る3つのコツ
1-1.複数の会社に査定依頼をする
1-2.相場を知っておく
1-3.いい不動産会社を選ぶ
2.契約する不動産会社の決め方
2-1.適正な価格を、根拠も合わせて提示してくれるか
2-2.似た条件の不動産の販売実績があるかどうか
2-3.担当してくれるスタッフの人柄と能力
3.まとめ

不動産売却の流れ

まず最初に不動産売却の流れを確認しましょう。

STEP1 不動産会社に査定依頼 1〜2ヶ月
STEP2 住み替え方法の検討
STEP3 不動産会社を選び契約締結
STEP4 不動産を売りに出す 1〜3ヶ月
STEP5 売却交渉・契約・引渡し 1ヶ月

不動産を高く売るために特に重要なのが、STEP1「不動産会社に査定依頼」とSTEP3「不動産会社を選び契約締結」2つです。このステップごとに押さえておくべきポイントがあります。

不動産を高く売る3つのコツ

1.複数の会社に査定依頼をする

不動産を売りたいと思ったとき、まず不動産会社に査定を依頼します。ここで大切なことは複数の会社に査定依頼をすることです。不動産はひとつとして同じものがないため、定価が存在しません。査定方法も複数あるため、不動産会社によって査定価格に差が出てきてしまいます。会社によっては数百万円単位で査定価格が違うこともあります。

1社でしか査定をしなかった場合、その会社から提示された価格が適正なのかわかりません。「本当はもっと高く売れたのかもしれない……」と後悔することがないように、必ず複数の会社に査定を依頼しましょう。

朝日土地建物の査定サービスでは、簡単な情報を入力するだけで手軽に査定の申し込みをすることができます。不動産査定は無料で費用は一切かかりません。近所に知られたくないといった事情にも対応し、査定結果の報告方法など個人情報に配慮しています。

2.売りたい不動産の相場を知っておく

不動産会社の査定額と周囲の相場はかならずしもイコールではありません。契約する会社を決める前に、参考価格として近い条件の不動産相場を調べておきましょう。

査定額を高く見積もってもらったからという理由だけで契約する会社を選ぶのはおすすめできません。不動産を高く売りたいから査定額も高いほうがいい、という気持ちもわかりますが、あまりにも相場からかけはなれていると買い手がつかないことがあります。その結果、値下げを繰り返し、予定よりもかなり低い売却額になってしまう可能性も……。

あらかじめ相場を把握しておけば、目先の価格だけにまどわされず、冷静な判断をすることができます。相場は取引情報提供サイトや、不動産ポータルサイトなどで、調べることができます。インターネット環境がなくとも、折り込みチラシやタウン誌に掲載されている物件情報から周辺地域のおおよその相場がわかります。

3.いい不動産会社を選ぶ

信頼のおける不動産会社と契約することは、不動産を売るにあたってもっとも重要だと言っても過言ではありません。会社や担当スタッフの力量によって結果が大きく左右されます。不動産の良さをアピールしてくれる魅力的な広告は売却に結びつきますし、販売経験が豊富なスタッフであれば安心して交渉を任せることができます。

2でもお伝えしたように、一番やってはいけないのが、「査定額の高さ」だけで契約する会社をえらぶことです。査定額は、あくまで「このくらいの価格で売れるだろう」という予測の価格です。実際の売却価格ではありません。あまりに高い設定だと集客が悪くなり売るのがむずかしくなります。逆に安すぎても、売主は損をしてしまうし、なにか不動産に問題があるのでは?という不安を買主にいだかせてしまうこともあります。

では、どうやって契約する会社を決めればいいのか?比較するときのポイントは大きく3つあります。

契約する不動産会社の決め方

①適正な価格を、根拠も合わせて提示してくれるか

不動産を売却するのに最適な価格を提案してくれる会社こそ、えらぶべきパートナーです。「周辺相場がこれくらいだから……」というぼんやりとした提案理由ではなく、良い点・悪い点を含めて査定額の根拠を示してくれる説明してくれる会社がベストです。

また多くの場合、査定価格と一緒に、広告などに掲載する売り出し価格も提示してくれます。この売り出し価格も判断基準のひとつになります。

売り出し価格は、実際に売却したい価格よりも高めに設定します。購入希望者が見つかると価格の交渉をするので、実際に売れる価格は売り出し価格より低くなります。「自分が想像していたよりも良い物件だから、もっと高値で買い取ろう」という買主はほぼいません。売る側が少しでも高く売りたいのと同じように、買う側は安くて良いものを買いたいと考えるものです。

売り出し価格を査定価格からいくら高くするのか?価格設定の根拠として、競合する不動産について調べてくれている会社は信頼度が高いです。類似する不動産が売りに出されていれば、当然こちらの売却額にも影響があります。市場調査や状況判断にもすぐれた会社を選べば、時間をかけずに高く売却することが可能になります。

②似た条件の不動産の販売実績があるかどうか

販売実績も注目したいポイントです。自分が売りたい不動産と似た条件のものの販売実績が多ければ、それだけノウハウや専門知識があるということです。すでに顧客をかかえている可能性も高いです。契約をする側としても実績があるほうが信頼できますし、売却をスムーズに進めてくれるでしょう。

販売実績というのは、会社の規模には左右されません。有名な大手の不動産会社ほど実績があるように思えますが、会社によって得意とする分野が違います。

地域密着型の会社であれば、特定の地域における売却力は大手不動産会社より高い実績があることも。不動産は地域の特性に影響を受けやすいものです。身近な話で例えるなら、スーパーやコンビニといった生活に必要な施設が近くにある住宅は人気が高くなる、といったように周囲の環境も不動産の売却に大事な要因です。そういった地域の情報に精通しているため、売却したい不動産に合った広告媒体を活用し、スピーディーで高い売却が見こめます。

「大手だから・有名だから」という先入観にとらわれず、きちんと会社の実績や特色を見ておきましょう。

③担当してくれるスタッフの人柄と能力

「専門的な知識がないのをいいことに、安く買いたたかれてしまうのでは?」というのも大きな不安のひとつだと思います。不安や疑問に思ったことはすべて担当のスタッフに聞いてみましょう。その際の回答の正しさだけでなく、どれだけ親身に、顧客の立場に寄り添った対応をしてくれるのかという点も大事です。

契約をすれば数ヵ月の間、その担当者と連絡を取り合うことになります。こちらの意見をあまり取り入れてくれなかったり、説明する内容が専門的すぎてわかりにくかったり、うまく意思の疎通が図れない相手ではストレスがたまってしまいます。売却に対するモチベーションにも影響するかもしれません。安心してやりとりができるパートナーかどうか確認しましょう。

優秀な担当者というのは、レスポンスや決断が早く、知識があるからこそ専門用語を使わずにわかりやすい言葉で説明をしてくれます。不動産のプロとして、顧客の信頼と期待に応えるために、品質の高い仕事をしてくれるでしょう。

まとめ

不動産の売却は取り扱う額が大きく、不安に感じることも多いかと思います。専門用語も多く、一般の方にとって敷居の高い分野でもあります。

そんな不安や疑問を少しでも取りのぞき、誰もが安心して利用できるように、朝日土地建物には専門の知識をもったスタッフがいます。経験豊富なスタッフがしっかりとしたヒアリングをした上で、お客様の目線に立ってサポートします。

地域とともに歩み、実績を積み重ねてきた朝日土地建物だからこそできる提案やサービスを提供しています。ぜひ気軽に相談してみてください。