家が売れない理由とその解決方法 | 不動産売却査定は朝日土地建物 | 一戸建て・マンション・土地

家が売れない理由とその解決方法

実家が売れない理由とその解決方法!家を早く売るためにするべきことは?

はじめに

相続した実家の処分についてインターネットなどで調べていると、「実家を高く売る方法」や「相続した実家を早く売ったほうが良い」という情報を目にするかと思います。もちろん早く高く売ったほうが良いのですが、実際に売りに出してみると「なかなか買い手がつかなくて、売却するまでに時間がかかってしまった」ということがよくあります。

仮に自分の希望通りの価格で売却できたとしても、時間が掛かれば掛かるほどその間の維持費などが必要になりますし、精神的な負担もあります。売却額から諸費用を差し引いたらほとんどお金が残らなかった、となると利益を出すことが目的でなくともどっと疲れが出てしまうでしょう。

不動産の売却は、売ろうと思ってから売却が完了するまでに通常で3ヵ月~6ヵ月ほどかかります。これ以上時間がかかる場合はなんらかの「買い手がつかない原因」があり、それを見直したほうが良いでしょう。

今回は実家が売れない理由とその解決法、実際に実家を早く売る方法について解説していきます。

もくじ

1.不動産売却の流れ
2.家が売れない理由
2-1.内覧はあるけど売却に繋がらない場合
2-2.内覧自体が少ない場合
2-3.売り出し価格が高い
2-4.不動産選びに問題がある
3.どうしても早く売りたいという場合の選択肢
まとめ

1.不動産売却の流れ

最初に、不動産の売却についての流れを簡単に見ていきましょう。

いま自分がどの段階にいて、次になにをしなければいけないのかが明確になりますし、平均的な所要期間を知っていれば売却活動が順調に進んでいるのかどうかわかります。

売却の前に実家の相続手続きについて詳しく知りたい方は「実家を売る!相続した実家の処分について」、不動産売却の流れについて詳しく知りたい方は「不動産売却の流れ」をご確認ください。

2.家が売れない理由

家が売れない理由は「内覧はあるけど売却につながらない場合」と「内覧自体が少ない場合」、二つのケースにわけることができます。

2-1.内覧はあるけど売却につながらない場合

内覧希望者がいるということはその物件に魅力があるということです。にも関わらず売却に繋がらないのは、内覧自体に何か要因があったと考えられます。

内覧した後に売買契約まで至らなかったときは、その理由について不動産会社を通じて確認をしましょう。理由がわかれば解決方法が見つかります。

原因:内覧準備が不十分

ホコリひとつなく掃除されていたとしても、ごちゃごちゃと物が多かったりすると部屋が狭く見えてしまったり、「雑然としていて汚い」という印象を持たれてしまいます。普段の掃除だけでは手入れが行き届かない場所を見られることもあります。

内覧の前には不必要な物の処分や、プロによるハウスクリーニングを依頼してみましょう。自分で掃除する場合のポイントは、「生活感を感じさせないようにすること」です。

そもそも住居は生活の基盤となる場所なので、矛盾しているように聞こえるかもしれません。しかし他人の生活感が見えてしまうとそればかりに気を取られ、購入希望者自身がその場所で生活することをイメージしづらくなってしまいます。

見た目の他に、ニオイにも気を配りましょう。家の中で最初に見られる玄関と、キッチンや浴室、トイレといった水回りは特に綺麗に掃除をしておくことが大事です。玄関と水回りはもっとも生活臭が出やすい場所です。ペットや煙草も生活臭の原因になるので気を付けましょう。

生活感や生活臭は自分では意外と気付きにくいものなので、内覧の前に不動産会社の担当者に相談するのも有効です。普段からコミュニケーションを取りやすく、相談にも親身に対応してくれる不動産会社に担当してもらうことも重要です。

地域密着型である朝日土地建物では、その地域の事情や環境にあった提案をするだけでなく、お客様の目線に立った対応も心がけています。

2-2.内覧自体が少ない場合

不動産広告だけを見て家を買う人はほとんどいません。高額な買い物になるため、何件も内覧をし、検討に検討を重ねて購入へといたります。

内覧希望者の数は目に見える成果です。数が多ければ、それだけ購入してくれる確率が高くなり、早期の売却にもつながります。

ウェブやチラシで不動産広告を出したのに内覧希望者がいない、または少ないということは大きな不安だと思います。「本当にこの家は売れるのだろうか?」と自信をなくしたり焦ったりする必要はありません。落ち着いて原因をつきとめ、対策をすれば改善できます。

原因①売出し価格が高い

どんなに魅力的な物件であっても、相場よりも高い価格設定では買い手が付きません。「どうしても自分で決めたこの価格で売りたい!」という強い決意や理由があるのであれば、買い手が現れるまで待つのも良いでしょう。

「多少値下げをしてもいいかな」という考えの方は、不動産会社と相談した上で値下げの検討をしましょう。ただし一度価格を下げてしまうと元の価格では売れません。値上げをすること自体は可能ですが、実際にはほとんどありません。また、短い期間で値下げを繰り返すと不信感をいだかれることや、「もう少し待てばまだ安くなるのでは?」と購入を見送られることもあります。

もっとも望ましいのは、最初から適正な価格で売り出すことです。そのためには物件の査定が重要になってきます。適正な価格を知らなければ、適正な価格で売ることはできません。

朝日土地建物では誰でも手軽に利用できる不動産査定サービスをご用意しています。常に売出し中の物件価格を調査し、精度の高い情報をお届けすることが可能です。納得のいく売却のためにぜひご利用ください。

原因②不動産会社えらびに問題がある

家を売却するにあたり、どの不動産会社と契約を結ぶかはもっとも重要な点だと言っても過言ではありません。

なにごとにもニーズ(需要)というものがあります。いくら条件が良く需要が高い物件であっても、それ必要とする人の目に留まらなければ売却は成立しません。逆に言えば、「こういう物件がある」ということを認知してもらえればすぐにでも買い手がつきます。

とはいえ、ある種の巡り合わせなので買い手が現れるかどうかは多少の運がからんできてしまいます。売り手と買い手を上手にマッチングさせ、売買契約成立の確率を高めるのが不動産会社の仕事のひとつであり、手腕の差が出るところでもあります。

販売力のある不動産会社は、自社のウェブサイトや不動産ポータルサイトでの広告に長けています。物件の情報収集をする時に多くの人が利用するのはインターネットです。自分の知りたい最新の情報を手軽に調べることができます。

どのような広告が良いのかは、ひとつの目安として掲載されている「写真」に着目してみてください。建物の内部や周辺の写真はどんな文章よりも雄弁に物件の魅力を伝えてくれます。間取り図や文字での説明だけでなく写真があることで、実際にその場所に住むことをイメージしやすくなるでしょう。

そのため、写真の良し悪しで物件の印象が大きく変わってしまいます。写真を効果的に使えているかどうか、購入したいという気持ちになるような広告がされているかどうか、物件を購入する側の目線でいちど不動産広告をながめてみてください。

一般的に不動産会社は、複数社と契約を結ぶことができる一般媒介契約よりも、1社との契約である専任媒介契約・専属専任媒介契約に力を入れる傾向があります。早く高く売却するためには、不動産会社ごとに連絡を取らなければならない一般媒介契約よりも、担当者とのやりとりがスムーズな専任媒介契約・専属専任媒介契約のほうがおすすめです。

3.どうしても早く売りたいという場合の選択肢

原因を突き止め、色々な手段を試してみたけれどそれでも売れない、という時は以下の2つの対策をしてみましょう。

ホームインスペクション

ホームインスペクションとは住宅に精通した専門家(ホームインスペクター)が住宅の劣化状況や修繕箇所のチェックをする建物状況調査のことです。

ホームインスペクションを受けることで住宅の状態を客観的に示すことができるため、自信を持って売却できますし、購入する側も安心して買うことができます。購入者側の心理としては中古戸建は何か欠陥があるのではないかという不安があり、目視だけではわからないことも多いので、最初から住宅の状況がわかると早く売れやすくなります。

ホームインスペクション調査費用は4~8万円ほどかかります。しかし、朝日土地建物ではホームインスペクションを無料で実施しています。ぜひご利用ください(※無料診断実施に際して諸条件がありますので、詳しくは店舗へお問い合わせください)。

不動産買取

「不動産媒介」は、不動産会社に依頼して、売主と買主の間に立って取引を成立させるために活動してもらうことですが、「不動産買取」は直接不動産会社に物件を買い取ってもらうことです。

買い手を探す必要がないため、金額に問題がなければすぐに売却が可能です。仲介手数料もかかりません。基本的に媒介契約での売却よりも価格は下がってしまいますが、どうしても早く売却したいという場合には有効です。築年数の経過や物件の状態によって媒介契約での売却がむずかしい物件でも買い取ってもらえます。

まとめ

ひとくちに「家が売れない理由」といっても、内覧はあるけど売却につながらない場合と内覧自体が少ない場合とではそれぞれ原因と対処法が大きく異なります。自身の状況に合った対策をし、納得のいく売却を目指しましょう。

また、物件を売る側も買う側も初心者であることがほとんどです。内覧の前の掃除や片付けなど売主自身でできることもありますが、何よりも重要なのは信頼のおける不動産会社を見つけられるかどうかです。

売買仲介専門の不動産会社である朝日土地建物では、ウェブで手軽に申し込める不動産査定サービスや、ウェブやチラシを活用した多彩な広告展開などにより、お客様が安心・納得できるように全力でサポートいたします。